お客様喜ぶ!スタッフは笑顔!常に前年100%以上の利益!FRの最前線で20年以上の経験とコツを無料で公開します>部下の能力開発!目標設定の4大ポイント

 組織の長の大きな仕事の1つに、
部下の能力開発がありますが、そのためには、
目標設定と評価が、最も重要です。 
目標設定については、4つのポイントがあります。

@目標は、具体的・定量的に決定する。
  抽象的な表現はNG。いつまでに何をどうするか、
  期待値は、金額・数量・比率などの数字で表す。
A目標は重点を絞る
  設定した期間に見合う目標の数にする。多くても5つ、
  場合によっては、1つに絞る。目標が多すぎると、
  あれもダメ、これもダメとモチベーションにも悪影響です。
  もし途中で目標を達成できたら、新たに追加すればよいです。
B目標は高すぎず、低すぎず
  困難だけど、努力すれば達成できそうなレベルに設定する
  もし目標範囲・レベルが高い場合、
  いくつかの期間と、いくつかの目標に区切り、
  階段を作ってあげる。
C目標設定時の3要素
  ・目標項目
  ・期待水準
  ・期限

 期間の途中では、進捗状況を確認するか、または報告させる。
必要ならば、アドバイスとフォローをする。
 期間終了時には、結果の評価と、次の目標設定を行う。

お客様喜ぶ!スタッフは笑顔!常に前年100%以上の利益!FRの最前線で20年以上の経験とコツを無料で公開します

トップページ
90%以上の飲食店経営者が知らない?儲かる飲食店、強さの秘密
利益は「人の上に成り立つ」まず人を育てることを考える!結果として利益を上げる方法
先回りが基本!スムーズにクレーム対応する方法
クレーム・意見は宝です!磨けは光るダイヤの原石にする方法
クレーム発生!常連様になっていただけるチャンスにする方法
クレーマーの見分け方と対処方法
なぜを10回繰り返していますか?もっとも根本原因を探る方法
できない理由・逃げ道を考えていませんか?苦境を乗り切る方法
1人で体を張っても限界があります!みんなに協力してもらって効率も成果もUPさせる方法
敵を知り我を顧みる、月一の競合店見学で見るべきポイント
組織をマネジメントする10の原則
売り上げが下がる一方でと愚痴を言う前に!変えるための方法
あと一歩の頑張りで3か月後に差をつける方法
忙しいという言葉を言う前に、自分自身を振り返る方法
あなたはハリウッドスター!最高のリーダーの役割をこなすコツ
リーダーシップの4つのタイプを知り、現状を知り、組織を作り上げる方法
笑う門には福来る!いつもポジティブな言動を心がけるコツ
毎日々々トラブル発生!楽しみながら解決する方法
店舗ミーティングは、個々の潜在能力とモチベーションを上げる!ミーティングの進め方
店舗ミーティングで店長が話さなくてもOKな進め方
利益を上げる節水のコツ
利益を上げる節電のコツ
人件費をコントロールしてプライムコストを下げる方法!
このライス5g多いよ!と言う前に他に改善できることを見つけて粗利改善する方法
料理粗利益高を良化する方法
プライムコストの人件費を抑えて利益を確保する方法!
人で不足で・・っていつも言っていませんか?欠員店舗を変える方法
定着率が低いと人員不足・生産性低下!やる気にさせて長く働いてもらう秘訣
欠員はどこも同じ!普段からできるコストのかからない求人方法
欠員はどこも同じ!退職者にも協力してもらう方法など
求人は闇雲にやっても費用対効果は?です!効率よい求人媒体を選ぶ方法
応募面接を成功させるためにあなたが行うべきポイント・方法
採用面接で良い人材を見分ける方法
成功するとみるみる職場が変わります!面接で良い人財を発掘する方法
スタッフがやめたいときってどんな時?逆をして定着率を上げるポイント
嫌われる店長から好かれる店長になる方法
怒ることは簡単です。難しいのは、叱ること!上手な叱り方のコツ
おだてることは簡単です。難しいのは、褒めること!上手な褒め方のコツ
この能力があなたをVIP店長にします!能力開花の秘訣
いつまで学生気分でいるんだと苛らする前に、違いを認識させる方法
一生ハンバーグを焼いているの?仕事の目的と人生の目的を関連させてモチベーションをUPさせる方法
ゴールがあるから頑張れる!部下のゴールを多くしたやる気にさせる方法
部下の能力開発!目標設定の4大ポイント
早くやれ!の号令は逆効果!効果を上げる新人訓練方法
作業割り当てに強くなる方法
チラシ手配りやポストイン!自分の労力を効率的に一石二鳥にする方法
マニュアル用語と侮ってはダメ!失礼のない接客をするポイント
トイレの神様を大切に!トイレで他店に差をつけるポイント
サービスマインド=ホスピタリティを醸成する方法
辛い時こそ発想の転換で乗り切る方法

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system